最初で知っておきたい事

女の人

シミの仲間

大阪では、肝斑はシミの仲間だということが知られています。一般的に左右非対称に現れるでしょう。男性よりも、女性に多い病気とされているのです。

女性ホルモンが影響

肝斑と女性ホルモンは関係していると考えられています。女性の場合、妊娠すると肝斑が濃くなる傾向が見られるからです。また、経口避妊薬を服用すると、症状が現れることもあります。卵胞ホルモンや黄体ホルモンが特に関係していると考えられるのです。

紫外線の影響

シミなどと同じように、肝斑が現れやすいのが紫外線を浴びやすい箇所です。特に顔などは注意が必要でしょう。また、肝斑は紫外線を浴びると、余計に悪化してしまうことがあるのです。そのため、紫外線対策が大切になってきます。

肌トラブルQ&A

化粧品などの影響を受ける?

自分の肌質と合わない化粧品を使用している場合は、シミや肝斑を増やしてしまう可能性が高まります。肌へ刺激を与えないように注意しましょう。なにか違和感がある場合は、化粧品の使用を中止するようにしましょう。

スキンケアで気を付けることは?

肌へ強い刺激を与えてしまうと、シミができることがあります。洗顔やスキンケアはとても大切ですが、必要以上にゴシゴシと擦らないようにしましょう。強い刺激を与えないようにするのが大切です。

治療した後の対策は?

一般的にシミを一度治療したからといって、安心はできません。日頃から意識してシミの対策に取り組みましょう。特に、紫外線には気を付ける必要があります。外出する場合は、紫外線対策を施しましょう。

レーザー治療は痛い?

人によって、痛みの感じ方は変わってきます。一般的に言われているのが、ゴムで弾かれるような痛みです。それほど強い痛みを感じることはないと考えていいでしょう。その為、麻酔を使用することも滅多にありません。

レーザーを当てたら赤くなる?

レーザーを照射した直後には、一時的に赤くなることもあります。ですが、赤くなったとしても数時間後には元も戻っているでしょう。また、レーザーを照射した箇所は敏感になっています。刺激に弱い状態なので、紫外線に当てると赤くなりやすいでしょう。

レーザー治療の感想

頬のシミを除去【30代女性】

20代の頃から頬に大きなシミがあって、困っていました。30代に入るとシミと肝斑が増えてきたので治療を受ける決意をしたのです。結果的に綺麗に治療することが出来ました。レーザーも思っていたよりは痛くなかったです。

コースを利用【40代女性】

現在まだ治療中ですが、シミ取りコースで治療をしているので今後も安心です。効果も実感できてきているので、きっとシミも肝斑もなくなるだろうと思います。今は左の頬にあった、目立つシミが薄くなってきているのが嬉しいですね。

シミが大きくなってきている気がして【30代男性】

最初は気にも留めていませんでしたが、年々肝斑が大きくなってきているのに気がついたんです。放っておくと、どこまで大きくなるのか分からずに、怖くなったので治療することにしました。思っていたよりも綺麗に取り除けたので満足です。

多少時間は掛かりますが【50代女性】

私の場合は、シミと肝斑が増えていたので、治療に時間がかかってしまいました。それでも、時間をかけた分、綺麗な肌を手に入れることができたので十分です。料金もリーズナブルで、負担はあまりないですね。

レーザーで治療した【30代女性】

濃い部分にレーザーを当てると、他の部分よりは痛みます。まあ、我慢できない程の痛みではないですけど。肝斑以外に、そばかすがシミのようになってきたので治療を施しました。スタッフが親切だったので、安心でしたね。

そばかす治療を始めよう♪
肌トラブルを解決して-10歳肌!

豊胸手術を受けてコンプレックスを撃退☆
優良医院をピックアップ☆

名古屋で人気な美容皮膚科医院を紹介
肌トラブルを手軽に解消しよう

【PR】
肝斑なら大阪のクリニックを利用
先生がすぐに対応してくれます

新着情報

悩んでいる方に

レディ

主な治療方法

主に利用されている治療方法について調べておきましょう。治療方法の種類が分かれば、自分に合っている治療方法を選ぶことができます。まずは、どのような治療があるかを知ることが大切です。

READ MORE
女性

クリニックを選ぼう

クリニック選びのポイントをお教えしているページです。これからクリニックで治療をしたいと思っている方は参考にしてみましょう。きっと優秀なクリニックを利用できるようになります。

READ MORE
広告募集中